骨は体内のカルシウムの99%を貯蔵していると言います。残りの1%というのは、血液中や細胞内にあるそうです。この1%のカルシウムが筋肉の動きや心臓の働き、ホルモンの分泌や血液凝固など、骨以外のところで重要な働きをしています。カルシウム濃度は血液中では常に1%になるように調整されているため、この濃度が低下してしまうと貯蔵されたカルシウムを融解して、血液中に移動させるようです。

このようにカルシウム濃度を一定に保とうとすることを骨吸収と言います。骨吸収が続いてしまうと骨はもろくなってしまいます。ビスフォスフォネート系製剤というのは、骨吸収を押さえて骨からカルシウムが出ていかないようにしているのだそうです。

そのため、この薬を飲むと血液中のカルシウム濃度が低下してしまう恐れがでてくるというわけです。サプリでカルシウムを摂るようにいわれているのですが、この薬剤はミネラルと一緒にとると吸収が悪くなるため、サプリと薬を同時に摂ることはさけなければなりません。またカルシウムの過剰摂取を避けるためにも一回の摂取は500㎎を超えないようにしなければなりません。カルシウムの過剰摂取は、心血管疾患のリスクが高まってしまうそうです。

ただ、食品としてカルシウムを摂取するのは問題がないようです。また、同じ骨粗鬆治療薬でも、活性型ビタミンD3製剤の場合の対応とはまるっきり違ってくるそうです。抗生物質や抗菌剤の使用で注意が必要なのは、腸内菌への影響です。そういったものを長期に利用する場合には、ビタミンKを含む食品を積極的にとったり、ビタミンB群やマルチビタミン、ビタミンAなどのサプリを補給する必要があるそうです。

NMNのサプリメント

最近注目のNMNサプリメントに興味を持っている人もいるでしょう。NMNはビタミンB3群の中に存在する成分であり、人間だけでなくあらゆる生物の細胞内にあるということです。この成分は長寿遺伝子に作用すると言われており、エイジングケア成分として注目を集めています。もともと体内で生成される物質なのですが、年齢を重ねるごとに生成量は減少してしまいます。

結果として長寿遺伝子への作用も減少してしまいますし、体内の修復機能が低下するということです。NMNのサプリメントを利用することにより、生命のリズムに無理矢理手を加えるのではなく、生体エネルギーをサポートすることができるのです。NMNは長生きするための遺伝子をサポートすることにより、効率よくエイジングケアができる成分です。

NMNサプリメントを利用すればセルの分裂スピードを管理することができますし、セルの寿命を延ばすことで長生きするのに繋がると言われています。日本ではまだあまり知られていませんが、アメリカや中国では多くのNMNサプリメントが販売されています。若さを維持する薬と言われており、有名人を中心に利用者がどんどん増えているということです。NMNを皮膚に塗るとシミの一因となるチロシナーゼの働きを阻害することができますし、シワの原因を減らす効果も期待できます。そのためエイジングケアだけでなく、美容目的で利用する人も多いということです。NMNサプリメントには高い効果が期待できます。

しかし、NMNが配合された成分は値段が高いため、偽物に注意が必要です。中には全くNMNが含まれていない商品などもありますし、そのような商品を使っても若返りや美容効果は期待できません。逆に健康に悪影響を及ぼす可能性もあるため、信頼できるメーカーのNMNサプリメントを選ぶことが大切です。きちんとしたNMNサプリメントなら体に良い効果が期待できるのです。2020年7月時点では厚労省はNMNが食品素材なのか食品添加物になるのか検討を進めています。